• トップ

建設施工に関する情報

建設工事の施工と物価について

建設工事と物価の関係とは

住宅などの建設工事を施工する際には物価が重要になります。工事の種類に関わらず、顧客が仕事を依頼する場合には見積りの提示を受けることが必要です。顧客は工務店などから提示を受けた見積りを比較検討することで、工事の施工を依頼するかどうかを決定します。特に公共工事では正確な見積りを行い、最低落札価格以上でより安い価格を提示することが求められます。建設業者が工事費用を計算する作業のことを積算と呼びますが、工事を確実に受注するためには正確な積算が不可欠です。多くの工務店などではより精度の高い積算を行うために積算ソフトを導入しています。工事を施工するための費用は大きく直接工事費と間接工事費に分類することができます。材料費などは建設工事に直接必要な直接工事費となりますが、交通整理を行う警備員の人件費などは間接工事費に属します。一般的な積算ソフトはインターネットのネットワーク上で利用でき、物価などのデータはリアルタイムで更新されるため正確な積算を行うことが可能です。公共工事など大きな仕事を受注できるかどうかは、建設会社にとって経営上の重要事項となります。正確に物価を反映した見積りを行うことが、工事を受注する上で不可欠とされます。

↑PAGE TOP

Menu